どうも、マシャビールです。





今回の記事は





「サントリーのビール工場見学」に行ってきた記事となります。








IMG_0934





訪れたのは東京は武蔵野の地にある「東京・武蔵野ブルワリー」でございます。






IMG_0936
※写真下段はわたしの大好物である東京クラフトです。







サントリーは大手ビール会社にも関わらず、ビール工場が4カ所しかないみたいで、






東京・武蔵野ブルワリー
京都ブルワリー
群馬・利根川ブルワリー
熊本・阿蘇ブルワリー






以上の4カ所で全国のビールを生産しているようです。





いずれも天然水を利用したビール生産を行っているようで、大手ビールの中でも天然水を使用してるのはサントリーだけとのことでした。






もちろん、サントリーがこだわっているのは天然水だけでなく、






IMG_0938






麦芽にもこだわっていて、





選りすぐりのダイヤモンド麦芽を使用したり、




IMG_0937








ポップも!







アロマポップとファインアロマポップを使用するというこだわりを持っている、とのことでした。






これが、プレミアムモルツの深いコクと華やかな香りを実現する、








素材へのこだわりなんだとか。






更に工場施設内は、





IMG_0942





このように、窓から仕込み設備を眺めるだけでなく、





IMG_0941





ここまで接近して見ることが出来ます。






素晴らしいことです。









また、ここでは、プレモルを作るための製法である、ダブルデコクション製法とアロマリッチホッピング製法について学ぶことができます。






そして、







IMG_0940






他の大手ビール工場では、なかなか写真を撮らせてくれない、パッケージング工程のラインを撮影することが出来ます。






缶ビールが次々と箱詰めされる様子には思わず目を奪われてしまいます。






いつまでも見ていたい気持ちに駆られながら、






いよいよ、お待ちかねの!!








IMG_0666






神泡でお馴染みのプレモルの試飲タイムとなります。






見てくださいよ、この神泡っぷりを!







昼前からビールに酔いしれる訳です。







IMG_0943








試飲はお一人様3杯まで可能ですので、






2杯目にマスターズドリームをいただき、








IMG_0677






3杯目に、香るエールも頂きました。






香るエールには、ラテアートならぬビアアートを施してもらえます。






希望すれば顔写真を撮ってもらってそれをビアアートにして貰うことも出来ます。






わたしは、顔写真はやりませんでしたが、日付け入りのアートをやって貰いました。







それにしても、







ビール工場で飲むプレモル。
家で飲むよりも格段に美味しいですねー。






サントリーさんにお礼しなきゃですね。
ありがとうございました!







最後は、お土産として「神泡サーバー」という装置がおまけに付いてくる缶ビール12本セットを買って帰りましたとさ。






気になる方は「神泡サーバー」で検索してみてください。凄いですよ、コレ。






ではでは!








つづーく