はい。マシャビです。


いきなりのマイナス発言で申し訳ないですけど、


毎日ポケモンGOをプレイしていたら、イライラして男の子の日になることも


ありますよね?


特に平日は。




はい。


深夜にジムを5つ落としてExレイドパスが全く来ないことのストレスを解消します。


そんなトゲトゲした水曜の夜を越えた翌日の木曜日。


昼休みですね。


同僚とライコウバトルに向かいます。




となりのハピナスは。
同僚のハピナスです。 


はい。


同僚の選んだポケモンは、カビゴン、ナッシー、エーフィからのハピナスというラインナップでしたね。




わたくしマシャビさんのボールの数は8球でした。


でも、青チームの同僚は12球貰えてました。




まぁ、



ね。



初球ゲットだったので、結果オーライですが。


逆に同僚は普通に逃げられてましたからね。


うーん。


ちょっとだけ複雑な気持ちになったマシャビなのでした。


とりあえず同僚には、サイドンを育てるように案内しておきました。


ごきげんよー
続きを読む

今日は久しぶりに野生のポケモンを追いかけました。マシャビです。

おはようございました。

はい。その原動力となったポケモンがこちらです。



ジャジャーン!


ストラーイク!


バッターアウト!




CP34だけに


三振ですね。あ、うまい。


はい。。。


つまらない冗談はよせって感じですね?ええ、わかります。以後気をつけます。


いやいや、しかしながらホントに


なぜ、早朝からストライクなんぞを巡ってポケモン活動を開始したのかと言いますと。


なんと、このストライク。


個体値が攻撃14、防御15、HP15のほぼパーフェクトなストライクだったからです。
※もう皆さんは持ってます?


なもんですから、当然、向こうに見えるタマゴ状態のライコウは無視ですね、無視。


はい。虫だけに。
※ちがいます。人が集まらないからです。



ネット越しに繰り返しシーンとさせてしまい申し訳ありません。



そんなマシャビ模様。



早起きは三文の徳とは良くいったものですね。


ヨイショー!


出ました!アンノーン!


B型です!


横浜イベントの経験からか、アンノーンではまったく緊張しませんでしたが、一応慎重に捕獲フェーズに入ります。



金ズリですね。金ズリ。


記念撮影もバッチリです。

他にも3、4人のトレーナーが集まってました。



はい。無事ゲットです。
ありがとうございます。


まぁ、本当のことを言いますとね。


久々のアンノーンだったので、ちょっと走って捕まえに行ったんですよね。


なんか懐かしくないですか?


野生のレアポケモンを走って捕まえるなんて。



ということで、ようやく9種類まで来ました。


こうなってくるとちょっと、鳥取イベントのことを意識しちゃいますよね?


だって、TORIは確定でしょ?
ふーむ。高速バスなら往復2万くらいか。。。


いやいや


行きませんけどね。うん。かない行かない。ぜんぜん行かない。


行かないよ?


そんな秋の早朝。


マシャビさんの元には、またしても来ませんでしたとさ。Exレイドパス。。。


いつになるのやら。


つづーく
続きを読む

朝帰りをしてしまった日は、夕方まで寝てしまうクセが治りません。


寝る子は育つでお馴染みのマシャビです。


おいマシャビ!もうすっかりOJのお前が何を言っているんだ?


そう感じた方。正解です。


ちなみにOJはorange juiceのことではありません。


オジ。。。


はい。その単語を言わせないでください。



気を取り直して、夕方からのポケモン活動!


開始です。


場所は目白駅のそばのアノ細い坂道でした。


暫くロビーには3、4人しか集まらなかったので他のトレーナーを待っていると


坂から降りて来た紳士がマシャビさんに質問してきました。


あの、これは皆さんまだポケモンをやってるんですか?なにか時間とか決まってるんですか?あ、そうなんですね。お邪魔してすいませんでした。


確かにプレイしてない人には何のこっちゃ分からないですもんね。


人が集まってる理由が。


場所なの?
時間なの?
なんなの?



新しいテクノロジーというものは、体感してない人には容易に想像することが出来ない。


従って、その体験こそが、非常に重要なカギとなるのである。


なぜならば、


まだ見ぬ未来の予測と新たな価値の創造を容易にするのが、その体験だからである。




なるほどね。




そうなってくると


CP1900台を持ってないマシャビでは


何かこう、越えられない壁みたいなものがあるのかもしれません。



あ!

CP1836の低個体値が逃げた!

よし。つぎ


なんだろうこの感じ。

つぎもダメな気がする。


ニャ


やっぱり!

またもCP1856の低個体値に逃げられました。



そして、本日ラストのライコウに挑みます。

まぁ、夕方から始めて4回も挑めれば十分ですよね。


さぁ!



20人の共演からの!



ゲットチャレンジ!


チャンスは8球です。


てか、CP1904だぞ!
※マシャビ史上ランク2位のCPです


やべー、緊張します。


想像以上に緊張したせいか
投げるボール投げるボール
まったくサークルに入りません。


1900台を捕獲した経験がないからかな。


成功イメージがない、ダメな感じになっています。




ニャーン


こ、これは。ダミだ。


ガチでダメなヤツだ。


なんでこんなに難しいんだろうか。
※セミファイナルボールなんか、チョンと触ってポロっとこぼしちゃいましたし。


プロの超一流と呼ばれる人達がどのようにしてプレッシャーを乗り越えて、実力を発揮しているのか、


そのパワーの根源を


激しく知りたいと思いました。


でも、


まだ終わってませんよ。
諦めたらそこで安西先生ですからね。


落ち着けマシャビ。


落ち着いてやりゃーできる。


ふぅ。


落ち着いて。落ち着いて。


怖くない。怖くない。


怖くない。


ヤツらは精神のゆらぎを感じ


そこにつけ込む。





うわっ!!


え?


ええー??


まぢ?


や、ヤッタ!やったの?




やりました!
遂にやりましたよ!


うわー、まぢかー!


ナウシカの言ったとおりだったよ!




ホラ怖くない。


あの。なんでしょ。


フリーザーのときもこの南池袋公園まわりのジムで有終の美を飾りましたね。


きっとココはわたしのパワースポットなんだと思います。


ありがとうございます。


それと、次回のExレイドパスも
お待ちしてます。


つづーく
続きを読む

↑このページのトップヘ