どうも、マシャビールです。





今回の記事は、長野県の渋温泉近郊まで志賀高原ビールを飲みに行ってきたお話しです。







渋温泉は、






北陸新幹線の途中駅である長野駅から長野電鉄に乗り換えて、終点の湯田中駅まで行くと辿り着きます。





湯田中駅からは、歩かない方が良いでしょう。歩くと遠いです。






渋温泉の街並みは、








IMG_0944







こんな感じの石畳の道が続いていて、







IMG_0790






こんな感じの外湯が9つありまして、







IMG_0793





このように大変ご立派な、






千と千尋の神隠しのモデルになったとも言われている旅館がそびえ立っていたりします。





レトロな街並みに思わずテンションがあがります。






が、今回の旅の第一目的は志賀高原ビールを飲みに行くことなので、ひとまず先を急ぎます。








IMG_0946







この日の天気は、少し雪が残る曇り空。






道中、運良く色違いエアームドを捕獲しながら、





さらに先を急ぐと、






IMG_0947





やって来ました。





志賀高原ビールを醸造する
玉村本店
直営ビアレストラン&バーである






THE FARMHOUSEです。







IMG_0948





はい、外観はこちら。





キレイな雪景色です。





さっそく中に入りましょう!






IMG_0830




はい。まず最初にオーダーしたのは、





無我霧中という名前のHazy I IPAです。
(ヘイジー インペリアル IPA)






その名の通り、良い感じに濁ったIPAですね。







そして、そのお味は!?







ジューシー!
本当にジューシー!





まさに、我を忘れて楽しめる一杯となってます。






IMG_0949






当然、食が進みます。






IMG_0950






もちろんビールも進みます。





黒系を2杯ほどいただきました。






写真右が、「TAKASHI ICHIRO」という名のバレルエイジドインペリアルスタウトです。つまり樽熟成のインペリアルスタウトってことです。





Takashi Imperial Stoutをイチローズモルトの樽で熟成させた逸品らしいです。






で、写真左が「W-IBA (MASAJI THE GREAT)」と言う名の「黒いW-IPA」とのことで、箕面ビール先代大下社長の追悼ビールみたいです。






箕面ビールのスタウトとインペリアルスタウトの黒と、W-IPAをいっぺんにつくっちゃえというノリで出来上がったビールのようです。





すこぶる美味いビールでござぃます。






最高のビールと食事に感激していると、








なんとなんと、オーダーが通ってなかったメニューがあったことのお詫びと称して









IMG_0844





まさかの「スノーモンキーIPA」を頂いちゃいました!!






なんて、ラッキーなんだ!







この日までとっていた最後のひと樽を、たまたま繋げるところだったようで、サービスとしていただいちゃいました。






まさかコレが飲めるとは思っていませんでしたので、こんなに嬉しいことはありませんでしたよ。





おかげさまで完全に酔っ払ってしまいました。






本当ありがとうございました!







IMG_0952






その後、





千鳥足でフラフラしながらも、ギャラリー玉村本店をしっかり見学して、宿に向かったのであります。







志賀高原ビール。最高でした。
また飲みに来ます。







つづーく





どうも、マシャビールです。





今回の記事は





「サントリーのビール工場見学」に行ってきた記事となります。








IMG_0934





訪れたのは東京は武蔵野の地にある「東京・武蔵野ブルワリー」でございます。






IMG_0936
※写真下段はわたしの大好物である東京クラフトです。







サントリーは大手ビール会社にも関わらず、ビール工場が4カ所しかないみたいで、






東京・武蔵野ブルワリー
京都ブルワリー
群馬・利根川ブルワリー
熊本・阿蘇ブルワリー






以上の4カ所で全国のビールを生産しているようです。





いずれも天然水を利用したビール生産を行っているようで、大手ビールの中でも天然水を使用してるのはサントリーだけとのことでした。






もちろん、サントリーがこだわっているのは天然水だけでなく、






IMG_0938






麦芽にもこだわっていて、





選りすぐりのダイヤモンド麦芽を使用したり、




IMG_0937








ポップも!







アロマポップとファインアロマポップを使用するというこだわりを持っている、とのことでした。






これが、プレミアムモルツの深いコクと華やかな香りを実現する、








素材へのこだわりなんだとか。






更に工場施設内は、





IMG_0942





このように、窓から仕込み設備を眺めるだけでなく、





IMG_0941





ここまで接近して見ることが出来ます。






素晴らしいことです。









また、ここでは、プレモルを作るための製法である、ダブルデコクション製法とアロマリッチホッピング製法について学ぶことができます。






そして、







IMG_0940






他の大手ビール工場では、なかなか写真を撮らせてくれない、パッケージング工程のラインを撮影することが出来ます。






缶ビールが次々と箱詰めされる様子には思わず目を奪われてしまいます。






いつまでも見ていたい気持ちに駆られながら、






いよいよ、お待ちかねの!!








IMG_0666






神泡でお馴染みのプレモルの試飲タイムとなります。






見てくださいよ、この神泡っぷりを!







昼前からビールに酔いしれる訳です。







IMG_0943








試飲はお一人様3杯まで可能ですので、






2杯目にマスターズドリームをいただき、








IMG_0677






3杯目に、香るエールも頂きました。






香るエールには、ラテアートならぬビアアートを施してもらえます。






希望すれば顔写真を撮ってもらってそれをビアアートにして貰うことも出来ます。






わたしは、顔写真はやりませんでしたが、日付け入りのアートをやって貰いました。







それにしても、







ビール工場で飲むプレモル。
家で飲むよりも格段に美味しいですねー。






サントリーさんにお礼しなきゃですね。
ありがとうございました!







最後は、お土産として「神泡サーバー」という装置がおまけに付いてくる缶ビール12本セットを買って帰りましたとさ。






気になる方は「神泡サーバー」で検索してみてください。凄いですよ、コレ。






ではでは!








つづーく



どうも。マシャビオンです。






みなさんはもう
テラキオンは捕まえましたか?






IMG_0923






11/27のテラキオン初日






レイドアワーの影を見て、伝説ポケモンが入れ替ってることに気づきました。







まぁ、レイドアワーには
ギリギリ間に合いませんでしたが、





IMG_0924







初日の討伐には間に合いました。







IMG_0925





初日は準備不足のため、ちゃんとしたパーティを作れてませんでしたが、





自動で選ばれてたグラードンもカイオーガも効果抜群でバトれてたので、なんか、呆気ない感じで、呆気にとられてしまいました。








IMG_0929







なるほどね。






どうやら、テラキオンは、









弱点だらけの
だらしないヤツみたいです。






IMG_0926






でも、いわ最強の攻撃力らしいじゃん。







こんな落書きのウシみたいなヤツがねぇ。見た目じゃわからないものだねぇ。







そういうことなら、本気で捕まえにいくのがエチケットですよね。
























IMG_0927






はい。









テラキオンの100%個体は
CP2641(天候ブーストで)らしいです。








気にしない。気にしない。









なぜなら、この日、










IMG_0930







こんなのとか







IMG_0931







こんなのを手に入れたから。







ふっふっふ。







つづーく







↑このページのトップヘ